CUPEポスト

話題になっているツイッターまとめ

医者「あれは悪魔の飲み物」・缶コーヒーの意外な落とし穴

1: 2017/09/22(金) 21:06:07.94 ID:TaEqOCKO

 知らず知らずに体の不調を生み出し、日々のイライラから肥満・老化・病気までを生み出すものの正体とは? 缶コーヒーをはじめ清涼飲料水は、私たちの体を蝕む悪魔の飲み物だった!

人体のメカニズムを解析する生化学や、世界中の最新論文を熟知し、20万人以上の臨床経験を持つ牧田善二氏の新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』から、内容の一部を特別公開する。

●知らずに体の不調をつくっているものとは? ――いかにも健康に良さそうなものの正体

「今日も1日、頑張ろう」

保険関係の企業に勤める30代半ばのA氏は、毎朝、会社が入っているビルに設置された自販機で缶コーヒーを買います。それを持って自席につき、飲みながらパソコンを立ち上げメールチェック。こうして1日を始めるのが日課になっているのです。

A氏のように、缶コーヒーを欠かさないビジネスパーソンをよく見かけます。テレビで流されているCMでは、「すっきり目が覚め、爽やかな気分で仕事にのぞめる」といった印象づけを行っていますから、その影響を受けているのかもしれません。

しかし、健康を大事に考えるビジネスパーソンにとって、缶コーヒーは悪魔の飲み物。口にするのは絶対に避けたほうがいいのです。

缶に限らずペットボトルも同様ですが、そうしたものに入った「コーヒー飲料」は、カフェで売られているいれたてのコーヒーとはまったくの別物。「砂糖の塊が解けた液体」に過ぎず、健康に悪いことはあってもいいことなど1つもないからです。

下の図0-1を見てください。よく見かけるコーヒー飲料の、1本あたりの糖質含有量を示してあります。

「ボス ホームエスプレッソ ラテミックス 甘さ控えめ」という商品の場合、1本に65・1グラムの糖質(*)が含まれています。角砂糖にして、なんと16個分くらいに値します。 にもかかわらず、「甘さ控えめ」とうたわれています。この売り文句に惹かれて「これなら健康に良さそうだ」と判断している人も多いのではないかと思います。

*正確には炭水化物=糖質+食物繊維だが、食品中の食物繊維はわずかなので、ここでは糖質≒炭水化物とする。
コーヒー飲料に限りません。下の図0-2にあるように、自販機やコンビニで売られている身近な飲料は、大量の糖質を含んでいるものが多いのです。

全編はこちらhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00142513-diamond-soci

ネットの反応

3: 2017/09/22(金) 21:10:39.30 ID:5gWGzeZS

わかるわかる

代用品は代用品にすらならない

 

4: 2017/09/22(金) 21:10:45.26 ID:etxAPjek
砂糖だろ?

 

5: 2017/09/22(金) 21:14:19.76 ID:TaEqOCKO
保存料、ダメ。人工甘味料も論外だね。

 

8: 2017/09/22(金) 21:23:24.74 ID:0TvN5Bj/
勉強にはなったがすでにやめられない止まらない

 

9: 2017/09/22(金) 21:24:03.18 ID:lX+iiEP5
コーヒーショップのステマ

 

11: 2017/09/22(金) 21:25:31.16 ID://Ycnchd
ソフトドリンクは無糖ブラックか炭酸水しか飲まなくなったな~、あと無調整豆乳

 

12: 2017/09/22(金) 21:26:43.71 ID:TaEqOCKO
バリスタのコーヒーにハマり中

 

15: 2017/09/22(金) 21:31:42.84
男ならMAXコーヒーやろ!

 

17: 2017/09/22(金) 21:34:37.16 ID:N01r5Vgq
30年前に教えてほしかった。

 

20: 2017/09/22(金) 22:04:45.47 ID:uNRkOQYE

缶コーヒーに何が含まれてるか知ったら二度と呑まなくなるだろう

調べてみな。厚生労働省の隠蔽まででてくるから面白いぞスレッドURL: http://carpenter.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1506081967/

 

Return Top