CUPEポスト

話題になっているツイッターまとめ

「不登校だった少年を救ったのは”スマブラ”だった」ゲームが巻き起こした奇跡に涙がこぼれる

日本で凶悪犯罪が起きるとなぜかマスコミは「アニメ」や「ゲーム」を無理やり連想させる。
「容疑者はアニメをよく観ていました」
「犯人は毎日8時間以上ゲームをしていた」
こういう意味も分からない連想でアニメやゲームはどんどん悪い印象を帯びてしまった。

しかしアニメやゲームは悪いことだけなのだろうか?

少なくともご紹介するエピソードはゲームのおかげでその人の人生を救いあげている。

小学生の頃のスマブラの話

 

まとめ

不登校だったT君はゲームがきっかけで友達を作ることができ、そして学校に通えるようになった。
「ゲームが強い」という事実がT君の中にある何かを変えたのだ。

ゲームの強さは将来の役に立たないかもしれない。
だが友人を作るきっかけになり、人生を大きく変えたという事実は確実に将来の役に立っているだろう。

Return Top