CUPEポスト

話題になっているツイッターまとめ

母親を捨てる為に里帰りした娘の話

実家の猫が危篤状態の為、一時的に帰省した彼女。

実家に帰るのは9年ぶり、彼女と母親には確執があった。

若いころ、彼女は母親と将来について大ゲンカをしたことがあり、それ以来だ。

そして猫を通じて彼女たちに変化が生じる・・・。

























読者の感想

泣きながら拝見しました。私は母を捨てられずにいます。何度も衝突しずっと耐え、25歳のとき突き飛ばしてしまった事もありました。その際母の小ささと脆さに驚き、可哀想だと感じてしまいました。それから7年、未だに理解しあえない相手ですが、きっと最期まで側に居てしまうんだと思っています。
捨てるか捨てないか、戻るのか寄り添うのか、遮断するのか。諒子さんが決める先が、お母さんへの気持ちが、時間を掛けたとしても少しでも納得しますように。
考えさせられる漫画をありがとうございました。出会えてよかったです。
複雑な気持ちで読みました。
「いつでも帰ってきなさいよ」とは、自分のテリトリーから子どもが離れたからこそ、それを引き戻すためにかけている言葉だし
今だって猫が居なくなったから自分のテリトリー下における存在が欲しいだけなんだろうし。
10年離れたから今幸せなんだと忘れないでほしい。
私も去年母を捨てて家を出てきたので、この漫画読んで意味が分からないくらい泣いてしまいました。私もどうしたらいいのか分からないでいます。
Return Top