CUPEポスト

話題になっているツイッターまとめ

実録『遊びだって将来役に立つと自信をもって言える訳』

「遊んでばかりいると大きくなって後悔するよ」って親に言われた人多いんじゃないでしょうか?

でもこれって本当にそうなんでしょうか?

とある作者さん、親公認で(というか親が率先して)小さいころ、いろんなところに遊びに行っていたそうです。

大人になってそれはいったいどんな影響を及ぼしたのでしょうか?
これはぜひ参考にしていただきたい。



読者の感想

肯定的に育てるか否定的に育てるかってやつですね。
「遊ぶな」は否定なので子供の積極性を奪う結果になりやすい。
親が肯定的な言葉を選ぶことはとても重要。
「遊んでもいいけど勉強もしよう」「遊んでもいいけど休憩も入れよう」みたいに否定の言葉を使わないようにする。
私は子供の頃から本が好きなのですが他の子供と遊ばないで真っ直ぐ家に帰るあまり「喋らない友達ばっかりでいいね!」という言葉で心が死んだのを思い出しました〜。今そのことを指摘しても自分の姉を通して話し合いをしようとかほざいてくるので意味わかりません
僕の場合、遊びと言えばプラモだけで、他が射程に入ってないのでちょっとがんばんないとな、と思いました。
親がさせてくれた事
習字、ピアノ、エレクトーン、スキー、スケート、英会話、コクワ・ヤマブドウ・山菜各種採り

私のしたい事
読書(エンタメ)

趣味が真逆で真っ向対立。無理矢理やらされて楽しいと思えなかった気持ちを引きずるのも辛いです。

習字、ピアノ、算盤、スキー、スケート、英会話、コクワ、山葡萄、山菜(きのこ、たけのこ含む)それに加えて基地づくり。やったよヲイラー!なのに今はナスDがうらやまC。でも、漫画好きなの。あきらめないでくれっっ。ブレブレじゃん?と言われてもいいんだってwwww

この作者の作品

Return Top