CUPEポスト

話題になっているツイッターまとめ

「労働基準局が入った会社の翌月の給料明細」が話題に「ブラックすぎるだろ」

労働者を守るために存在する、仕事の警察的存在「労働基準局」
賃金がしっかりと支払われているか、無理な残業を強いていないかなど、労働者の労働環境に目を光らせている。

立ち入り検査が入ると、企業はとても焦る。
場合によっては業務停止命令となり、倒産してしまうかもしれないからだ。

とある投稿者は立ち入り検査が入り、未払いの残業代が改善支給されたようだ。

その金額が・・・

未払い代金の金額が給料を超えた。


残業170時間って・・・


まてまて・・・25日出勤だとしたら一日の残業5時間はあるぞ・・・大丈夫か?

支給されても保険料上がってしまうのでは?

改善後に倒産の可能性も

立ち入り検査が入ると、一旦は改善するかもしれない。
しかし、多くの企業が改善前の労働環境だから運営できていた場合が多く、
改善された途端に倒産してしまうということもある。

残業代が支払われても、潰れてしまったらまったく意味がない。

ブラック企業にもそれなりの事情があってブラックだということだ。

中には「お金を払って働く人募集」という狂った求人を出す会社もあるくらいだ。
よほど立ち行かない状態の企業もあるということだ。

関連:【怒り】「お金を払った上で働いてもらう」ブラックすぎる求人が炎上して話題に

立ち入り検査が入ったら転職を考えたほうがいいだろう。

Return Top