CUPEポスト

話題になっているツイッターまとめ

「私が24時間テレビを観ない理由」に賛同する人続出。怒りの声も

毎年、年に一度だけ行われるチャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」を観た事ある人は大勢いるはず。

大規模な募金を募り、障害や病に苦しむ人たちを支援する番組だ。

だが、このテレビに最近、批判の声が相次いでいる。

それはビートたけしのとある記事がきっかけとなった。

24時間テレビを嫌いになった理由


日本のチャリティーは高額のギャラが発生

海外でのチャリティー番組では出演者は全員「ノーギャラ」
支援活動なのにお金もらってしまうのはどうにも気持ちが悪い。

だが、日本では芸能人たちに高額のギャラが支払われている疑惑がある。
疑惑というよりほぼ事実である。

ダウンタウンの松本人志もギャラをもらったことを暴露している。

人気グループ「嵐」に関しては5000万円以上のギャラが支払われたのではないかと報道もあったくらいだ。

WinWinの関係だから良いのか?

言い換えてしまえばテレビ側も利益を追求する企業だから、これら自体は当然なのかもしれない。
テレビ局はスポンサーから広告料をもらい、出演者はテレビ局からギャラをもらっている。
チャリティー募金からではない。

一方で、チャリティー側はどんな形でもよいから少しでも多くの支援金をもらいたい。
障害や病に苦しむ人たちを助けるためだ。

双方がウインな関係であるならば悪い形ではないのかもしれない。

だが、企業イメージを考えると、この時ばかりはゼニ勘定はやめてもらいたい。

観ている側も気持ちよく支援したい。
テレビ側ももう少し観ている人の気持ちを理解してほしいものだ。

Return Top