CUPEポスト

話題になっているツイッターまとめ

瀕死寸前の衰弱した犬、保護した後に驚きの事実が判明する

バリ島にて1人の男性が衰弱した犬を保護した時のお話が海外ニュースで話題となりました。

ひどい栄養失調で骨と皮だけの状態で発見され、毛並みもボサボサ。まるで生気を感じられない。

男性と一匹の犬の闘病生活が始まります。

瀕死寸前の衰弱した犬

バリ島のデンパサール通りにて保護された一匹の犬。
骨と皮しかなく、毛並みはボサボサ。
命の危険性もある状態。

保護したのは26歳の男性、家に帰る途中で発見したそうだ。

ひどい栄養失調状態。何らかの病気患い、エサにありつけなかったことが原因らしい。
男性は必死に看護を続けます。

身体をきれいにして衛生面を良くしていきます。

そして徐々に回復の兆しが

食欲も出て、少しずつ身体に肉が付きはじめてきました。

保護したときとは比べ物にならないほど回復。とても元気いっぱい。

保護した男性とツーショット。とても幸せそうだ。

驚きの事実

この保護された犬、実はシベリアンハスキーという立派な犬種だったことが後に判明した。

保護された犬は「ホープ(希望)」と名づけられた。
今は、保護した男性と彼のガールフレンド、そして四匹の子犬と一緒に幸せに暮らしているそうだ。

いつまでも末永く、幸せな日々を送ってほしいと願うばかりだ。

Return Top